学校案内


学校案内 2級自動車整備士 実習服 校舎内設備 校長挨拶 学校概要・アクセス 先生紹介 先輩からのメッセージ 生徒募集要項 就職状況
お問い合わせ・資料請求

よくある質問

各種証明書発行

100周年募金

学校案内

2級自動車整備士への道

高等学校卒業後、自動車整備工場で働きながら2級自動車整備士資格を得る方法もありますが、最短でも4年はかかります。本校に入学すると2年(卒業時)で実技試験が免除されると共に整備士試験の受験資格が取得できます。



自動車産業における安全性、環境保護面から自動車整備士の果たす役割は、ますます大きくなっており、メカニックから顧客サービス部門まで、自動車整備士の仕事の幅もどんどん広がっています。
就職後、即戦力として活躍できる専門知識と技能を学んでいる本校の卒業生は、自動車メーカーや自動車販売会社から、実践的なスペシャリストとして高い評価を得ています。多くは第一志望の企業に採用され、個人重視の就職相談によって、自分にあった企業への就職を叶えています。


青森のクルマたちを支える、
優秀な人材を育てます。

本校は自動車整備士一種養成指定校です。
そのため、卒業と同時に、実技試験免除で、2級自動車整備士(国家試験)の受験資格を得ることが出来ます。これは現在の制度の中で、最も早く2級自動車整備士の取得が可能な道筋です。また、また、在学中に他の資格を取得すれば、卒業後の就職の選択肢はさらに広がります。
2級自動車整備士資格を取得することで認証整備工場や指定整備工場での自動車の修理・定期点検・車検などの整備の業務に従事できます。また、自動車の重要な部分の分解整備後の確認ができる「整備主任者」になることができます。「整備主任者」の実務を1年以上経験することにより、自動車の車検業務は欠かせない「自動車検査員」の受験資格が得られます。さらに経験を積むことにより、自動車整備工場(認証及び指定整備工場)の開業も可能となります。


●学生本人・保護者との密なコミュニケーションが可能
●能力や適正に応じたオリエンテーションや個別カウンセリングを実施

●現場経験の豊富な教員が専門知識と技術を指導
●2級自動車整備士の学科試験に向けた強力なサポート体制

●早い時期からの求人票の開示
●一般常識やマナー対応の学習
●模擬面接の実施

このページの上へ


実習服

充実した機能を揃え、ステッチや配色にもこだわったハイパフォーマンス・ツナギ。肩・肘や膝に補強の為、綿を入れた当て布を施し強度アップさせた、プロフェッショナル仕様。



このページの上へ


施設・設備

県内でも数少ない高性能機械や、実践に活かすための最新の設備を導入。実習場内も十分に採光され、排気ガスが滞留しない環境づくりなど、学ぶにふさわしい専門設備が揃っている施設です。

施設・設備

@ヘッド・ライト・テスタ
ヘッドライトの明るさ(光度)と照らす方向(照射方向)を製作に測定します。照射方向が上下左右にずれていれば、調整して正しい方向に修正します。2人1組で点検・調整します。
 
Aホイール・バランサー
オフ・ザ・カー・タイプ
大型自動車用のタイヤ・ホイールのバランスを点検する装置で、これは自動車から取り外したタイヤ・ホイールを点検する「オフ・ザ・カー・タイプ」と呼ばれるものです。
Bホイール・バランサー
オン・ザ・カー・タイプ
自動車用に取り付けられたままのタイヤ。ホイールを点検するホイール・バランサで「オン・ザ・カー・タイプ」と呼ばれるものです。
 
Cスーパー・シャシ・アナライザ
車検中です。この装置でスピードメーカーの誤差、ブレーキの性能を測定します。
([出力]も測定できます。)
Dスタータ・オルタネータ・テスト・ベンチ
スタータ(エンジン始動用モータ)とオルタネータ(発電機)の性能をテストする装置です。エンジン本体を分解・組み立て作業と並行して行い、指導後の万全を期します。
 
Eインジェクション・ポンプ・テスタ
ジーゼルエンジンのインジェクション・ポンプの点検を調整してます。
Fタイヤ・チェンジャ
タイヤをホイールに組み込んでいます(タイヤ組み替え作業)。タイヤ・チェンジャを用いると、タイヤをホイールに効率よく組み付けられます。
 
G故障診断器
電子制御化が進んだ近年の自動車には必要不可欠である「外部診断器・スキャンツール」で、自動車を制御しているシステムをチェックしています。
Hトルコン・チェンジャ
AT者の汚れたフルードを新しいフルードと交換しているところです。フルードとはAT(自動変速機)の内部で使用されている作動油のことで、出力伝達のなかだちをしたり、磨耗や焼き付きを防ぐ役割を果たしています。
     

校長挨拶

自動車専攻科 校長

 日本の自動車産業は、世界にもっとも誇る産業のひとつであり、貿易黒字の半分以上を生み出しております。そんな状況下の自動車産業の中で、製造技術と並んで世界的に評価を得ているのが自動車整備技術なのです。しかし法定義務と言われる車検業務がより簡素化していく中で自動車整備士も進化をしていかなくてはなりません。環境問題や安全性など自動車を取り巻く状況が変化しつつある中でクルマ自体のコンピュータ化が進んでいます。ハイブリッドカーや電気自動車が実用化され、水素自動車などの実用化も目前に迫っている今、これからの整備士に必要なものはなにかを問いただしながら本校も未来に向けて進んでいかなければなりません。東北屈指の教育施設と機械設備、これから担う生徒たちに必要な未来教育。
 今日、各機械整備がどのような進化をしていくのかも重要なカギであり、いち早く社会進出するための大切なことだと自負しています。私たちはこれまでもこれからも、最高の設備と最高の教員による、自動車整備士養成校日本一を目指します。


校長 花田 惇



学校概要・アクセス

名 称 学校法人青森山田学園 自動車専攻科
校 長 花田 惇
開 校 昭和57年(松原校) 平成10年移転(現在)
所在地 〒030-0123 青森県青森市大字大矢沢字野田134-5
TEL:017-728-5200 FAX:017-728-5525
URL http://www.y-senkouka.jp
E-mail info@y-senkouka.jp



大きな地図で見る
このページの上へ



このページの上へ
Copyright(c) 2013 AomoriYamada Senkouka All Rights reserved.